Materials練習素材

ここでは無料でギターの基礎知識や練習用の教材、版権が切れた曲のTAB付きの楽譜等を公開しています。リンクからPDFでダウンロード頂けます。アドリブや運指の練習などにお使い下さい。もっと詳しく学びたい方は、ぜひギター教室にお越し下さい。

ギターの種類

ギターは、アメリカ系統のエレキギターとアコースティックギター、スペイン系統のクラシックギターの3種類に分けられます。どのギターが弾きたいかの参考にして下さい。

アコースティック・ギター

1840年代にアメリカ・ニューヨークで、Christian Frederick Martinによって作り出されたギター。 ボディはXブレイシングという骨組みで箱状に作られています。 弦は元々ガット(羊の腸)でしたが、1920年代からカントリー楽器の影響を受けて、鋼と銅合金の弦になりました。 楽器単体で音が出せます。レコーディングやステージではマイクを直接向けます。 主にポップスやロック、ブルース、カントリー、フォーク等の音楽で使われます。 MartinのDreadnought、0(コンサート)、00(グランドコンサート)、000(オーディトリアム)、OMや、GibsonのJ-45、ハミングバード、スーパージャンボなどの形が有名です。

エレキ・ギター

磁石とコイルで出来たピックアップで弦の揺れをアナログの電気信号に変換し、エフェクターとアンプに接続することで音色や音量を変えられるギター。 アンプも楽器の一部であるため、レコーディングやステージではアンプのスピーカーにマイクを向けます。

アーチトップ・ギター(フルアコ)

アコースティックギターのボディの上面をヴァイオリン属と同じ形状にしたギター。 1920年代にアメリカのGibsonによって作られ始め、1930年代からピックアップを搭載して、エレキギターの始まりとなりました。 弦は凸凹のないフラットワウンド弦を使います。楽器単体でも音が出せます。主にジャズで使われます。 Gibson L-5、Gibson ES-175、Gretsch 6120、D'Angelico New Yorker、D'Aquisto Jazz Lineなどの形が有名です。

ソリッド・ギター

そのまま木材を直接切り出して作られた板状のギター。1949年にアメリカのFenderによって作られ始めました。 様々な調整機構を備え、アンプに接続する事に特化させたギターです。 アンプに接続しない場合は、かなり小さい音になります。音楽ジャンル問わず、幅広く使われます。 Fender Telecaster、Fender Storatocaster、Fender Jazzmaster、Gibson SG、Gibson Flying V、Jackson Dinky、Ibanez RG、PRS Customなどの形が有名です。

セミホロー・ギター (セミアコ、センターブロック)

ボディの側面はアーチトップと同じ構造で、中央部分がソリッドギターのような板状になっているギター。1952年にGibsonによって作られ始めました。 楽器単体の場合でも、やや音が鳴ります。 主にブルースやジャズで使われます。Gibson ES-335などの形が有名です。

チェンバード・ギター

木材をくり抜いて箱状にしたギター。1958年にRickenbackerがソリッド・ギターの製造方法から派生させました。 Gibson Les Paulや、Fender Telecaster Thineline、Rickenbacker 330、PRS Custom Hollowbodyなどの形が有名です。

クラシック・ギター

1860年代のスペインで、Antonio de Torresによって作り出されたギター。 ボディはファンブレイシングという骨組みで箱状に作られています。 弦はガット(羊の腸)が使われていましたが、現在はナイロン弦が主流です。 楽器単体で音が出せます。レコーディングやステージではマイクを直接向けます。 主にフラメンコ、タンゴ、ボサノバなどのラテン音楽や、近年のクラシック音楽で使われます。

音の名称

現在の西洋音楽は12種類の音があります。音名はクラシックや小中高の学校教育ではイタリア語などが使われますが、ジャズやロックなどアメリカ発祥の音楽は英語を使います。
イタリア語ド#
レb
レ#
ミb
ファファ#
ソb
ソ#
ラb
ラ#
シb
英語CC#
Db
DD#
Eb
EFF#
Gb
GG#
Ab
AA#
Bb
B

ギターの音配置図

ギターのフレットは半音間隔で並んでいます。音は12音あるため、12フレット隣の音がオクターブ違いの音になります。1弦は6弦の2オクターブ上になっています。
フレット01
13
2
14
3
15
4
16
5
17
6
18
7
19
8
20
9
21
10
22
11
23
12
24
1弦E4FF#
Gb
GG#
Ab
AA#
Bb
BCC#
Db
DD#
Eb
E
2弦B3CC#
Db
DD#
Eb
EFF#
Gb
GG#
Ab
AA#
Bb
B
3弦G3G#
Ab
AA#
Bb
BCC#
Db
DD#
Eb
EFF#
Gb
G
4弦D3D#
Eb
EFF#
Gb
GG#
Ab
AA#
Bb
BCC#
Db
D
5弦A2A#
Bb
BCC#
Db
DD#
Eb
EFF#
Gb
GG#
Ab
A
6弦E2FF#
Gb
GG#
Ab
AA#
Bb
BCC#
Db
DD#
Eb
E
マーク

ディグリー (Degree)

ディグリーはコードやスケールの音を表すための音程の表記です。ドレミファソラシという音程(音の間隔)を基準に番号を振り、それ以外の音程は♭(フラット)や#(シャープ)を付けて表記します。 スケールの場合は1~7までの1オクターブ、コードの場合は1~13まで2オクターブ分振ります。
Degree1b2
b9
2
9
#2
#9
b3
34
11
#4
#11
b5
5#5
b6
b13
6
13
bb7
#6
#13
b7
7
C基準CDbDD#
Eb
EFF#
Gb
GG#
Ab
A
Bbb
A#
Bb
B
D基準DEbEE#
F
F#GG#
Ab
AA#
Bb
B
Cb
B#
C
C#

コード (Chord)

コードは曲の部分部分がどういう音の集まりなのかを表記したものです。ジャンル問わず全ての西洋音楽に存在するもので、 演奏したい曲と同じようにコードを鳴らしていくとその曲の伴奏をすることも出来ます。

セブンス・コード (7th Chord)

1オークターブ内で作る4つの音から構成されるコード。
コード名構成音(ディグリー)表記法
Major 7th
メジャー・セブンス
1357△7
Maj7
Dominant 7th
セブンス
135b77
Minor 7th
マイナー・セブンス
1b35b7-7
mi7
Minor 7th b5th
マイナー・セブンス
フラット・ファイブ
1b3b5b7φ7
-7(b5)
mi7(b5)
Minor Major 7th
マイナー・メジャー・セブンス
1b357-△7
miMaj7
Diminished 7th
ディミニッシュト・セブンス
1b3b5bb7○7
dim7
Augmented 7th
オーギュメンテッド・セブンス
13#5b7+7
aug7

トライアド (Triad)

3つの音で構成されるコード。ジャズ・ポピュラーでは7thコードの簡略版と考えます。
コード名構成音(ディグリー)表記法
Major
メジャー
135アルファベットのみ
Minor
マイナー
1b35-
mi
Diminished
ディミニッシュト
1b3b5
dim
Augmented
オーギュメンテッド
13#5+
aug

テンション・コード (Tension Chord)

7thコードに9thや11th、13th等の音を加えたコード。
コード名構成音(ディグリー)表記法
Major 9th
メジャー・ナインス
13579△9
Maj9
Dominant 9th
ナインス
135799
Minor 9th
マイナー・ナインス
1b35b79-9
mi9

簡略系のコード

本来は別のコードですが、表記が複雑になるなどの理由で簡略化されたもの。
コード名構成音(ディグリー)表記法
Dominant 7th Suspended 4th
セブンス・サスフォー
145b77sus4
Suspended 4th
サスフォー
145sus4
Add 9th
アド・ナインス
1359add9
Minor Add 9th
マイナー・アド・ナインス
1b359-add9
Power Chord
パワー・コード
155

コンパウンド・コード (Compound Chord)

分子にコード、分母に一番低い音が書れたコード。分数コードとも呼びます。

インバージョン (Inversion)

コードのルート以外の構成音を一番低い音に使うコード。転回系とも呼びます。例えば低い方から1,3,5,7という並びを3,5,7,1とする場合がこれに該当します。表記はC△7であればC△7/Eとなります。

ハイブリッド (Hybrids)

本来の複雑なコードを簡略化するためや、ヴォイシング(弾き方)を指定するために、3rdを省略して、ルートを構成音から分離するコンパウンド・コードの事。 例えばC,E, G, B, D,という構成音のC△9をC, G, B, Dという構成音であるG/Cと表記する事を指します。

ポリ・コード (Poly Chord)

ピアノで使われる手法で、本来の複雑なコードを簡素化するために左手と右手で分けて考えて、2つコードを上下に書くコードの事を指します。 例えばC△7の場合、分子と分母を上下に並べてE-/C表記します。

スケール (Scale)

ダイアトニック・スケール (Diatonic Scale)

7つの音で作られたスケール。

メジャー・スケール (Major Scale)系

スケール名構成音(ディグリー)
Ionian
アイオニアン
(Major メジャー)
1234567
Dorian
ドリアン
12b3456b7
Phrygian
フリジアン
1b2b345b6b7
Lydian
リディアン
123#4567
Mixolydian
ミクソリディアン
123456b7
Aeolian
エオリアン
(Natural Minor
ナチュラルマイナー)
12b345b6b7
Locrian
ロクリアン
1b2b34b5b6b7

カポの使い方

アコースティックギターでロックやポップス等の一般的な曲を演奏する場合、カポを付ける位置は通常、その曲のキーのIのコードがオープン・コードで押さえられるフレットに付けます。 オープン・コードは、以下のギターで最も押さえやすいコードの押さえ方の事を指します。 オープンコード

オープン・コード を基準とした各キーのカポを付けるフレット位置

キーC G D A E B F#
Gb
Db Ab Eb Bb F
Gの形が基準 5 0 7 2 9 4 11 6 1 8 3 10
Cの形が基準 0 7 2 9 4 11 6 1 8 3 10 5
Dの形が基準 10 5 0 7 2 9 4 11 6 1 8 3

ブルース (Blues)

19世紀頃のアメリカで行われていた奴隷制度の中、黒人文化の間で生まれた即興演奏を行うための12小節のコード進行の定型であるブルース。現在、主に通常のブルース、クイックチェンジ・ブルース、ジャズブルースの3種類があります。 ロックやジャズ等の起源でもあり、現在でもこれを基にメロディを付けたりコードを変える事で曲として作ったり、ミュージシャン同士のジャムセッション、アドリブの練習等で使われます。

Standard Blues | Quick Change Blues | Jazz Blues

モダン・ジャズ (Modern Jazz)

1940年代頃から始まった楽器のみの構成による即興演奏が主体のジャズ。初期のはビバップ(Bebop)と呼びます。 様々なテクニックが盛り込まれているためジャンル問わず練習にお勧めです。

Charlie Parker (1920年 - 1955年)

ビバップの父としても知られるアメリカのアルトサックス奏者のチャーリー・パーカー。

オリジナル

Confirmation
Donna Lee
Scrapple From The Apple
Yardbird Suite
Moose The Mooche
My Little Suede Shoes
Red Cross
Little Willie Leaps
Passport
Steeple Chase
Dexterity
Dewey Square
Cheers
Klactoveedsedstene
Stupendous
Marmaduke
Chasing The Bird
Ah-Lev-Cha
An Oscar For Treadwell
Cardboard
Segment
Diverse

12小節 Jazz Blues

Au Privave
Barbados
Billie's Bounce
Bird Feathers
Bloomdido
Blue Bird
Blues For Alice
Bongo Beep
Buzzy
Carvin' the Bird
Cheryl
Chi Chi
Cool Blues
Drifting On A Reed
Now's The Time
Mohawk
Perhaps
Relaxin At Camarillo
Visa

Fats Navarro (1923年 - 1950年)

アメリカのトランペット奏者のファッツ・ナヴァロ。

Barry's Bop

Bebop Romp

Fat Girl

Goin' To Minton's

Nostalgia

Clifford Brown (1930年 - 1956年)

アメリカのトランペット奏者のクリフォード・ブラウン。

Joy Spring

Daahound

Minor Mood

Sandu

Tiny Capers

Bud Powell (1924年 - 1966年)

ビバップの牽引者であるアメリカ人ピアニストのバド・パウエル。

Bouncing With Bud

Buster Rides Again

Bud's Bubble

Celia

Cleopatra's Dream

Halucinations

Parisian Thoroughfare

Un Poco Loco

Webb City

Wail

Bud's Blues (Blues)

John Coltrane (1926年 - 1967年)

モダン・ジャズの最盛期に第一線で活躍したアメリカのサックス奏者のジョン・コルトレーン。

1957年 Paul Chambers『Whims of Chambers』収録曲

Just For The Love
Nita

1957年『Blue Train』収録曲

Blue Train (Blues)
Locomotion
Moment's Notice
Lady Bird

1959年『Cannonball Adderley Quintet In Chicago』収録曲

Grand Central

1960年『Workin' with the Miles Davis Quintet』収録曲

Trane's Blues (Blues)

1960年『Giant Steps』収録曲

Giant Steps
Cousin Mary (Blues)
Countdown
Spiral
Syeeda's Song Flute
Naima
Mr. P.C. (Minor Blues)
Like Sonny

1961年『Coltrane Jazz』収録曲

Some Other Blues (Blues)
Fifth House

1962年『John Coltrane Plays the Blues』収録曲

Mr. Sims (Minor Blues)

1962年『Coltrane "Live" at the Village Vanguard』収録曲

Chasin' The Train (Blues)

1963年『Duke Ellington and John Coltrane』収録曲

Big Nick

1963年『Impressions』収録曲

India
Impressions

1964年『Coltrane's Sound』収録曲

Central Park West
Equinox (Minor Blues)
Satellite
26-2

1964年『Crescent』収録曲

Crescent
Bessie's Blues (Blues)
Lonnie's Lament

1965年『A Love Supreme』収録曲

Acknowledgement
Resolution
Pursuance
Psalm

スウィング・ジャズ (Swing Jazz)

1920年代~1930年代のジャズ。

Django Reinhardt (1910年 - 1953年)

ロマ音楽をジャズに取り入れたベルギーのジャズギタリスト。

Nuages

Manoir De Mes Reves (英題:Django's Castle)

スタンダード・ジャズ (Standard Jazz)

映画やミュージカル、ポップスなどの定番曲(スタンダード曲)を題材にジャズにアレンジして演奏するスタンダード・ジャズ。

Victor Young (1899年 - 1956年)

ハリウッド映画やドラマの音楽で活躍したポーランド系アメリカ人の作曲家。アカデミー賞やゴールデングローブ賞受賞なども受賞していてます。ジャズ練習の定番曲です。

Stella By Starlight

My Foolish Heart

When I Fall In Love

Cole Porter (1891年 - 1964年)

ハリウッド映画の音楽やブロードウェイ・ミュージカルで活躍したアメリカの作曲家。ジャズで曲がよく使われます。

All Of You

Night And Day

Jerome Kern (1885年 - 1945年)

Cole Porterと同時期にブロードウェイ・ミュージカルやハリウッド映画で活躍したアメリカの作曲家。ハーモニーの作りが綺麗であるため、アドリブの練習曲として非常によく使われます。

All The Things You Are

I'm Old Fashioned

Vincent Youmans (1898年 - 1946年)

ブロードウェイ・ミュージカルやハリウッド映画音楽のアメリカ人作曲家。

Tea For Two

Vincent Youmans (1901年 - 1942年)

白雪姫やダンボ、バンビ、3匹のコブタなどディズニーの映画音楽を手掛けたアメリカ人作曲家。

Someday My Prince Will Come

Herman Hupfeld (1894年 - 1951年)

ブロードウェイ・ミュージカルなどを手掛けたアメリカ人作曲家。

As Time Goes By