Drop2 / Drop3

7thコードの押さえ方 その1

ギターで最も使われるセブンス・コードのボイシング(押さえ方)のDrop2とDrop3。 あらゆるポジションで覚えておくと、伴奏やソロギター、カッティングなどのバリエーションを増やすことが出来ます。

Drop2とDrop3の定義

7thコードの1,3,5,7というクローズド・ボイシングの上から2番目の音である5を低音に持ってきて、5,1,3,7と並べるオープン・ボイシングをDrop 2と呼びます。 同じように上からら3番目の音である3を低音に持ってきて、3,1,5,7という並びのオープン・ボイシングをDrop 3と呼びます。

drop2

ギターで使用する場合

ギターでは、Drop2は4弦ルートと5弦ルートで使いやすく、Drop3は6弦ルートが適しています。各コードを指板図で書き記すと以下のようになります。

drop2

覚え方・練習方法

覚え方の一つとして、ダイアトニック・コードで当てはめて、以下のように全ポジションを弾いていきます。毎日、1回行うと頭に入りやすくなるのでお勧めです。 始めはCキーから行い、慣れてきたらG→D→A→Eといった感じで毎日キーを変えて全てのキーで行えるようにしましょう。

drop2

drop2

drop2