Guitar

ギターに関する知識

ここではギターに関する知識を記載しています。

ギターの種類

ギターは、アメリカ系統のエレキギターとアコースティックギター、スペイン系統のクラシックギターの3種類に分けられます。
種類生音歪み
音色
クランチ
音色
クリーン
音色
アコースティック特大硬い××
エレキ(ソリッド)極小柔らかい
エレキ(チェンバード)柔らかい
エレキ(セミアコ)柔らかい
アーチトップ(フルアコ)やや硬い×
クラシック非常に柔らかい××

アコースティック・ギター

1840年代にアメリカ・ニューヨークで、Christian Frederick Martinによって作り出されたギター。 ボディはXブレイシングという骨組みで箱状に作られています。 弦は元々ガット(羊の腸)でしたが、1920年代からカントリー楽器の影響を受けて、鋼と銅合金の弦になりました。 楽器単体で音が出せます。レコーディングやステージではマイクを直接向けます。 ピエゾマイクなどをボディに付けて、アンプに接続出来るようにしたものは、エレアコとも呼ばれます。

よく使われるジャンル

ポップス、ロック、ブルース、カントリー、フォーク等。

有名な形

MartinのDreadnought、0(コンサート)、00(グランドコンサート)、000(オーディトリアム)、OMや、GibsonのJ-45、ハミングバード、スーパージャンボ等。

エレキ・ギター

磁石とコイルで出来たピックアップで弦の揺れをアナログの電気信号に変換し、エフェクターとアンプに接続することで音色や音量を変えられるギター。 アンプも楽器の一部であるため、レコーディングやステージではアンプのスピーカーにマイクを向けます。

アーチトップ・ギター(フルアコ)

アコースティックギターのボディの上面をヴァイオリン属と同じ形状にしたギター。 1920年代にアメリカのGibsonによって作られ始め、1930年代からピックアップを搭載して、エレキギターの始まりとなりました。 弦は凸凹のないフラットワウンド弦を使います。楽器単体でも音が出せます。主にジャズで使われます。 Gibson L-5、Gibson ES-175、Epiphone Emperor、Gretsch 6120、D'Angelico New Yorker、D'Aquisto Jazz Lineなどの形が有名です。

ソリッド・ギター

そのまま木材を直接切り出して作られた板状のギター。1949年にアメリカのFenderによって作られ始めました。 様々な調整機構を備え、アンプに接続する事に特化させたギターです。 アンプに接続しない場合は、かなり小さい音になります。音楽ジャンル問わず、幅広く使われます。 Fender Telecaster、Fender Storatocaster、Fender Jazzmaster、Gibson SG、Gibson Flying V、Jackson Dinky、Ibanez RG、PRS Customなどの形が有名です。

セミホロー・ギター (セミアコ、センターブロック)

ボディの側面はアーチトップと同じ構造で、中央部分がソリッドギターのような板状になっているギター。1952年にGibsonによって作られ始めました。 楽器単体の場合でも、やや音が鳴ります。 主にブルースやジャズで使われます。Gibson ES-335などの形が有名です。

チェンバード・ギター

木材をくり抜いて箱状にしたギター。1958年にRickenbackerがソリッド・ギターの製造方法から派生させました。 Gibson Les Paulや、Fender Telecaster Thineline、Rickenbacker 330、PRS Custom Hollowbodyなどの形が有名です。

クラシック・ギター (ガットギター、ナイロンギター)

1860年代のスペインで、Antonio de Torresによって作り出されたギター。 ボディはファンブレイシングという骨組みで箱状に作られています。 弦はガット(羊の腸)が使われていましたが、現在はナイロン弦が主流です。 楽器単体で音が出せます。レコーディングやステージではマイクを直接向けます。 フラメンコやボサノバなどのラテン音楽や、近年のクラシック音楽でよく使われます。