Guitarist

萩原 健也 / Kenya Hagihara

萩原健也 萩原健也 萩原健也

プロフィール

1987年東京都杉並区荻窪生まれ。Haluna Guitar Studio代表兼講師。Musicians Institute(アメリカ合衆国カリフォルニア州) Associate of Arts Degree ギター専攻卒業。

 生後まもなく5歳までイギリス領香港で暮らし、幼少期よりクラシックピアノを弾き始める。 12歳の時にアコースティックギターを弾き始め、中学1年生から学生ジャズビッグバンドにギタリストとして参加したのを機にエレキギターも弾き始める。 ホテルのセレモニーやジャズフェスティバル等での演奏活動を経て、15歳から音楽活動を主体とするため中高一貫の進学校から通信制の高校に切り替え、ホリプロ系列の音楽学校に通う。 17歳の時には、アメリカ・ボストンのバークリー音楽大学に短期留学するなどジャズを本格的に学び始める。

 その後、シンガーソングライターなどのライブサポートや編曲等の実務的なポピュラー音楽関連の仕事や経験を経て、カリフォルニア州に拠点を移し、ロサンゼルス市ハリウッドにある音楽学校のMusicians Instituteを卒業。 Scott Henderson氏、Antti Kotikoski氏、Alex Machacek氏、Allen Hinds氏、Vadim Zilberstein氏(元Earth, Wind & Fire)、Justin Derrico氏(P!nk)らに師事し、 ロサンゼルスにて様々なミュージシャンと音楽活動やジャズクラブでのセッション等を行う。

 帰国後の2011年頃からJ-PopやCM曲、ゲームのサウンドトラック等の楽曲制作関連の仕事や、クックパッド株式会社が以前展開していた音楽教室のギター講師、都内の音楽学校での非常勤講師等を経て、 2017年6月に祖父が上石神井で40年近く営んでいた不動産会社の株式会社ハルナ興産(2000年代に閉業)の元事務所を改装し、個人でギター教室のHaluna Guitar Studioを始める。

 2019年にベルギー・ブリュッセル市のMuseScore社から楽譜作成ソフトの開発モニターや、日本国内のワークショップの開催を委託される。 2020年、アメリカ・カリフォルニア州のPositive Grid社よりプラグインギターアンプ/エフェクトのBIAS FXシリーズのデモンストレーターの仕事を委託される。 2021年、スウェーデン・ストックホルムの鞄メーカーのGaston Lugaよりスポンサー提供を受ける。 また、同年に名古屋市の株式会社ナージが展開するオンライン音楽レッスンの配信を委託され、2022年からは台東区のオトコロドットコム株式会社にてサブスクリプション型のレッスンや音楽レッスンの配信業務も行う。

公式SNS

Instagram @kenyahagihara

Twitter @kenyahagihara

Facebook @kenya.hagihara

関連

張り子作家 前田ビバリー | Beverly Maeda

萩原健也の妻である張り子作家の前田ビバリーの公式サイトです。和紙や膠などを使った日本の伝統的な技法と繊細な絵付けによる可愛らしい張り子アート作品を製作しています。 毎年全国の有名ギャラリーや百貨店などで個展やワークショップが開催され、メディアにも頻繁に取り上げられる国内随一の人気張り子作家です。

歌人 萩原慎一郎 | Shinichiro Hagihara

2017年に逝去した萩原健也の兄である歌人・萩原慎一郎の公式サイトです。 生前から数多くの短歌賞を受賞し、代表作である歌集『滑走路』(KADOKDAWA)は、テレビや新聞など国内外の主要有力メディアからも多く取り上げられ、2019年には紀伊國屋書店の店員が選ぶ書籍ベスト8にも選出され、平成時代のベストセラーとなりました。 2020年には、角川映画より映画化もされ、キネマ旬報などの様々な賞を獲得しました。現在、角川文庫版も出版され、芥川賞受賞作家の又吉直樹さんの解説が追加されています。また、高校の国語の副教材にも採用されています。

スポンサー関連

MuseScore (2019年~)

ベルギー・ブリュッセルの楽譜作成ソフトウェア会社のMuseScoreからモニターや日本国内のワークショップを委託されています。

Positive Grid『BIAS FX』(2020年~)

アメリカ・カリフォルニア州のPositive Grid社とデモンストレーター等の仕事を行った関係で、BIAS FXをご提供して頂いています。

Gaston Luga 鞄(2021年~)

スウェーデン・ストックホルムのアパレルブランドのGaston Lugaより鞄をご提供頂いています。

株式会社イメージ・マジック『MARK Deco』(2022年1月)

オリジナルプリント.jp等を展開する東京文京区のアパレル雑貨のプリント会社の株式会社イメージ・マジックよりHaluna Guitar Studioのロゴシールをご提供頂きました。

資生堂

『ベネフィーク トライアルセット Ⅱ』(2022年5月)

資生堂よりギター教室の生徒様向けに、販促のための美容化粧水の試供品をご提供頂きました。

クラシエフーズ

『フリスクネオ グレープ味』(2021年4月~)

クラシエフーズの新商品『フリスクネオ グレープ味』とイメージキャラクターである二階堂ふみの販促カードをご提供頂いたため、ギター教室にて無料配布しました。

『フリスクネオ グレープフルーツミント味』(2020年4月~)

クラシエフーズの新商品『フリスクネオ グレープフルーツミント味』をご提供頂いたため、ギター教室にて無料配布しました。

大塚製薬

『SOYJOY ピーナッツ味』(2020年4月~)

新商品『SOYJOY ピーナッツ味』をご提供頂いたため、ギター教室にて無料配布しました。

『SOYJOY スコーンバー味』(2019年10月~)

新商品『SOYJOY スコーンバー味』をご提供頂いたため、ギター教室にて無料配布しました。

アサヒ飲料『カルピス由来の乳酸菌科学シリーズ』(2020年3月~)

アサヒ飲料が展開するカルピス由来の乳酸菌科学シリーズの 『守る働く乳酸菌』、『届く強さの乳酸菌W』、『アミールやさしい発酵乳仕立て』、『はたらくアタマに ラクトノナデカペプチドドリンク』、『ラクトスマート』 をご提供頂いたため、ギター教室にて無料配布しました。

使用機材

アーチトップギター

・Swadowsky Archtop The Jim Hall (Jazz Line)
・Aria Pro II FA-2000 (New Yorker)

アコースティックギター

・Gibson Custom Shop Hummingbird
・K.Yairi BL-90
・Guild D-50NT 1981
・Godin Multiac Nylon Duet
・Greco 101 1970s (富士弦楽器製造)

エレキギター

・Sound Guitar Works Standard T (自作)
・Sound Guitar Works Dinky S (自作)
・Warmoth Telecaster Roasted Swamp Ash (自作)
・Warmoth Telecaster Swamp Ash (自作)
・Ibanez Prestage S3620

アンプ

・VOX AC30C2
・Marshall JVM410H
・Marshall 1960B

エフェクター

・Bogner Wessex (Rupert Neve Designs)
・Bogner Burnley (Rupert Neve Designs)
・JHS Morning Glory V4
・Ibanez TS808
・Boss DD-500
・Boss MD-500
・Boss CP-1X
・MXR Custom Audio Electronics MC404
・MXR Dynacomp
・VOX V846HW
・Animals Pedal 1927 Home Run King Comp
・Transparent Overdrive (自作)
・Free The Tone PT-3D
・Providence Provolt

マイク

・AKG C414XLII
・AKG C451B
・Shure SM57
・Shure SM58
・Shure BETA57A
・Rupert Neve Designs 5211

ソフトウェア

・MuseScore (エンドース)
・Positive Grid BIAS FX2 Elite (エンドース)
・PreSonus Studio One Professional