9th Chord Voicing (Root+Drop2)

ナインス・コードのオープン・ボイシング

3rd、5th、7th、9thをDrop2ボイシングで並べる9thコードのオープン・ボイシング。

概要

9thコードをオープン・ボイシングにする場合、ルートを分離して3,5,7,9を7thコードのDrop2のようにして並べる方法があります。

9th and Drop2

種類

それぞれの9thコードの3rdからのコードは以下のようになります。
コード名構成音(ディグリー)3rdからのコード
Major 9th13579III-7
Dominant 9th135b79IIIφ7
Minor 9th1b35b79bIII△7
Minor 9th b5th1b3b5b79bIII-△7

ギターのポジション表

ギターで実際に弾けるボイシングは以下の通りです。開放弦を使うと自由度が上がります。

セーハで押さえられるポジション

9th and Drop2

6弦開放を使う場合

5弦と4弦のDrop2が使えます。
コード名Voicing上
E△9G#-7/E
E9G#φ7/E
E-9G△7/E
Eφ9G-△7/E

5弦開放を使う場合

4弦のDrop2が使えます。
コード名Voicing上
A△9C#-7/A
A9C#φ7/A
A-9C△7/A
Aφ9C-△7/A

ギターでの弾き方

9th and Drop2