Maintenance

ギターのメンテナンス

オクターブチューニングの調整

フレットを押さえたときのピッチの精度を調整するものです。手順は以下の通りです。
【1】調整する弦のチューニングをぴったり合わせます。
【2】15フレットを押さえて、チューナーでズレを確認します。
【3】低い場合はサドルをネック側に、高い場合はボディ側に動かします。

トラスロッド調整

6弦を左手で1フレット、右手親指で15フレットを押さて、8フレットが0.2mmになるように調整します。 簡単な確認方法として、前述の押さえた状態で右手人差し指で8フレットをタッピングするとEbの音が出ます。逆反りしていると音が出ません。反対に綺麗に音が出すぎる場合は反り過ぎています。 ちょうど音がなり始める位置が適正です。

弦高調整

最終フレットと弦の底の隙間を測ります。以下が推奨値です。
エレキアコースティックウクレレ
6弦側2.0mm2.5mm2.5mm
1弦側1.5mm2.0mm2.5mm

ピックアップの高さ調整

最終フレットを抑えた状態で、各弦のポールピース(磁石)と弦の底の隙間の高さを測ります。通常は6弦側が2.5mm、1弦側が2.0mmにするのが一般的です。 ピックアップは近すぎると音量が増え、平坦な音になります。遠すぎると音量が下がり、音の解像度が上がります。 クリーン重視の場合は、6弦側が3.0mm、1弦側が2.5mm程度に調整するのがお勧めです。
シングルコイルハムバッカー推奨値
6弦側2.5mm2.5mm3.0mm
1弦側2.0mm2.0mm2.5mm